生まれたての捨て猫

先週10年ぶりにギックリ腰になり、コルセットと
湿布のお世話になってる小太郎です(@_@;)

寒くなってきました、腰痛持ちの方は
充分気を付けましょうねぇ~。

さて先日の送別会で久しぶりに会ったT君のお話です。

なんだか気の抜けたボ~っとした表情だったので、
「どしたの?」って聞いてみた。

結構長いお話だったので、短縮しますけど^_^;

2ヶ月前に神奈川県の三崎口へ釣りに行き、着いて早々
持ってきたゴミを捨てようとゴミ箱のフタを開けたところ
生後間もない目も開いてない子猫3匹がミャーミャー
鳴いてたそうな。

T君ちは賃貸でペット禁止!なので誰かが拾ってくれるよう
天気も陽気も良かったのでフタを開けっぱなしにしといたと。

5時間ほど釣りを楽しみ帰ろうとして、気になったので
ゴミ箱を覗くと子猫たちはまだそのまま(-_-;)

心なしか朝方のようにミャーミャーと鳴く元気もなく
ミャーという声がかすれて聞こえたそうです。

「こりゃぁいけねぇ」ってんで、ペット禁止もなんのその
箱に入れて連れ帰ったっていう話なんですねぇ。

「大変だったねぇ、俺も家の中で猫の出産に立ち会って
7匹生まれたもんなぁ」って言うと。

「えぇ、大変でしたよ、ペットも初めてなら生後間もない
子猫なんてどうしていいか分からないし」

彼はイロイロ調べてまず、子猫の入った箱の中に
適温のお湯を入れたペットボトルを保温用に入れ、
冷たくなったら取り替える事。

子猫用のミルクを2時間おきにスポイドで
ゆっくり根気よく3匹に飲ませる事。

排泄がしやすいように少し温めたおしぼりで
お尻を拭いてあげる事。

以上の事を3匹分1ヶ月間続けて完璧に寝不足に
なったらしい(*_*;

「ちょっと待って、俺も大変だったけど、そこまで・・」
って言いかけて気付きました。

そう、私の家には「母猫」が居たんだ!

だから保温用のペットボトルの役も、2時間おきの
授乳も母猫がやってたし、お尻もペロペロと母猫が
拭いてたから私達は様子を見てるだけでよかった。

猫に限らず「母」っていう存在は偉大だなぁって
本気で思いましたね~(^'^)

1ヶ月半程経った頃、3匹はスクスクと育ち元気になったので
Mixiに里親募集「三崎猫」って出してみたところ
あっという間に3匹の里親が見つかり1匹づつ彼が
里親の家まで連れてったそうです(*^^)v

「可愛がって下さいね」と言葉を添えて。

そしてこの話を聞いた時、ときどきこのブログで登場する
私が敬愛している作家「村山 由佳」さんの、エッセー
だったか小説だったか、小説のあとがきだったか
忘れちゃったけれど

「命は生まれた瞬間から死に向かって
歩きだす」っていう言葉を思い出した。

身も蓋もない言葉って受け取るんじゃなくて
、生きものには寿命がある限り確実に死と
向き合わなければいけないという事ですね。

本来ならば、生まれてから命の限界が来るまでに
楽しい事や苦しい事、嬉しい事や悲しい事を
良くも悪くも経験する権利が「命を持つもの」には
あると思います。

だから、この捨てられた3匹の子猫のように
「生まれたとたん目の前に死が迫る状況」にした人の
脳の仕組みを見てみたい(--〆)

そして死の淵から救い出したT君には
「あっぱれ」を送りますヽ(^。^)ノ

送別会の最後のほうで、酔っ払った彼が

「大変だったけど居なくなると寂しいんですよね~」って

携帯で撮った子猫の動画をしみじみ見てる様子が
とても印象的でした(T_T)

いつもありがとうございます♪
また次回よろしくお願いします(^.^)/~~~
[ 2010/11/10 20:35 ] 日記 | TB(0) | CM(4)

わぁ~心温まるお話です~。
ゴミ箱に捨ててしまう人の心は理解不能ですが
子猫ちゃん達、里親が決まって良かった~。
ほんとにTさんアッパレです!
[ 2010/11/10 21:49 ] [ 編集 ]

ペット初心者で
そこまで世話したTさん
私からもアッパレです!!
捨てた人にTさんの爪の垢を
進呈したいくらいですね~!
[ 2010/11/10 21:59 ] [ 編集 ]

きいさんへ♪

引き取りますっていう連絡はビックリするくらい早かったって
言ってました(^'^)
幸せに育ってほしいですねぇ(*^^)v
T君にも幸がありますように♪
[ 2010/11/10 23:12 ] [ 編集 ]

水葱さんへ♪

T君アチコチ育て方を調べまくったって言ってました^_^;
寝不足に加えて猫の赤ちゃん用のミルク代が高価だったので
金欠になったとも言ってました^_^;
営業で取り返せるでしょう(*^^)v
[ 2010/11/10 23:17 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://npossc1212.blog58.fc2.com/tb.php/84-c1120576