南古谷の田園・・案山子♪

その昔、田畑を荒らす動物達から作物を守るため
人の姿に見せかけた藁の中に獣の肉や髪の毛を
詰め込んで、その臭いで動物達を近づけないように
しました。

臭いを「嗅がせる」→「嗅がす」→「嗅がし」→「案山子」
っていう説があるそうです(^_^)

田園が広がる川越市の南古谷で小・中・高校生、PTAや
各種団体の方々が作った「案山子まつり」開催中と聞いて
行ってきました・・部屋から車で30分の近場~(^_^)

子供達が作った小さな小さな案山子街道~♪

案山子街道 

今世間で流行りの方がモデルなんでしょうけど
分かるのと分からないのが混在してました(^_^;)

案山子の6 
案山子2と4

個人的にはこれが好きかも・・たたずまいが♪

案山子3 

上の案山子のバックは稲がフサフサで
この案山子の後ろは刈り取ってます(^_^)

案山子7 


残暑と高湿度でまだまだ「秋の気配」は感じないけど
道端であお向けに転がってるセミや、刈り取り後の
田んぼを見ると、「夏の終わり」は感じますね。

夏の終わり~(^_^)

田んぼ 


田んぼを焼いてる煙の薫りを嗅ぐと、子供の頃の田舎の風景が
決まって蘇ってくるのは、きっとその数年が一番楽しかった年頃
だったんでしょうね、私にとって・・。

「あの頃に戻れたら」っていう「あの頃」が、その時々で変わるけど
今は「子供の頃に戻れたら」って、本気で思う小太郎でした(^_^)

遠くで絶え間なく稲光を走らせてる雷雨が
近づいてきたから帰りましょう(^_^;)

田んぼ1 

いつもありがとうございます(´ー`)/~~
[ 2013/09/04 00:02 ] 日記 | TB(-) | CM(6)

おじさん

案山子の語源、知りませんでした。
私は大きなお口、ヒゲのおじさん案山子が好きです。
[ 2013/09/04 00:29 ] [ 編集 ]

No title

案山子の語源、私も知りませんでした。
姿だけでなく匂いでも追い払っていたのですね。
効果ありそう~

色々な案山子があって面白いですね。
あれ?もしかして最後の案山子さん、しっかり稲刈りもできる方ですか?(笑)
思わずお疲れさまって言いそうになっちゃった^m^

幸せな匂いの記憶ってありますよね^^
私の場合は落ち葉焚きの煙かな。。。
ちょっと焦げた焼き芋の香り付きで♪
[ 2013/09/04 18:36 ] [ 編集 ]

No title

和さんへ♪
私も語源は初めて知りました(^_^;)
調べてみるものですね(^_^)
ヒゲのおじさんはカールおじさんかなぁって
勝手に思っちゃいました(^_^;)
[ 2013/09/04 20:50 ] [ 編集 ]

No title

みいさんへ♪
ありがとうございます☆
語源どころか匂いで追い払うって
全然しりませんでした。
立ってる姿が人に見えて動物が
警戒するのかと思ってましたよ(^_^;)

香りの記憶は人それぞれに
ありますネ♪
[ 2013/09/04 20:54 ] [ 編集 ]

No title

案山子まつりって
見てるだけで楽しいですよね^^
[ 2013/09/04 22:24 ] [ 編集 ]

No title

水葱さんへ♪
大昔の案山子と言えば、麦わら帽に
藁人形、顔は「へのへのもへじ」って
決まってたけど、最近のバリエーションには
驚かされますネ(^-^)
[ 2013/09/05 12:45 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する