環境の変化は・・・さて?

かなり昔の話で恐縮ですけれど^_^;
川崎に事務所があった頃、前日の強風で前の道路にゴミが散乱してました。

社員も全員出払い、土曜で事務員も休みだったので、
ヒマつぶしにゴミ袋を持って散乱してる空き缶や
どっから飛んできたのか傘やらなんやらを掃除してると、
隣の会社の社長さんが
「おっ!」てな顔をして一緒に道端を掃除し始めました(^'^)

すると正面の家のご主人が一度は玄関から出てきて
私たちを見ると、家の中に引っ込み、次に出てきたときには
両手にチリ取りとほうき、手には軍手の戦闘態勢で、
「ゴミ袋がないんですけど、貸してもらえませんか」ときたので、
「どうぞどうぞ、全部使って下さい」と道路の端で3人でゴソゴソ
やっておりました^_^;

普段はあいさつ程度しかしない都会の街並みで、
気がつくと15人位のご主人や奥さん達で「お掃除隊」が
自然発生しちゃってたのには驚いたなぁ (^'^)

その時のみなさんの表情や会話は、普段ただご挨拶する時の表情とは
あきらかに違ってました。

自分の家の前だけではなく、お留守にしている家の前も、
どこかの不動産屋さんが経営している月極駐車場の敷地内も
私も何でかメンドウとは思わず、片付けてたのは不思議です♪

「奉仕の心」の原点でしょうかねぇ、「ゴミ拾い」 (^。^)

最近また「ボランティア」という言葉をよく耳にします。
ボランティアの語源は。

ボランタール(ラテン語)・・・・自由、勇気、正義
ボランテ(フランス語)・・・・・・喜びの精神
ボランティア(英語)・・・・・・・自発性に裏づけされた奉仕者

まとめると、「勇気を持って自発的に奉仕する事を喜ぶ」
って感じでしょうか^_^;

ボランティア活動は人に言われてするものではありませんし、
しなくてはならないものでもありません。

「してあげる」「してもらう」といった上下関係や依存し過ぎも
ちょっと違うような気がします。

ボランティア活動は自分が望んで選んだ活動であり
、これは受け入れる側も同じでしょうねぇ。

そしてもしこれから先、ボランティアに関わる事がある時は、
安心してボランティア活動を行うために事故などの対策として
ボランティア活動保険の事も調べておきましょうね☆

ブロガーさん達の中には、愛するペットを飼ってる方々、
釣りや、何かのサークルに入ってる方々が大勢いらっしゃいますね。

人1人がご自分の半径1~2メートルのゴミに気を付け、
せめて、ゴミ箱の横に落ちてるゴミを見過ごさなければ
いつか必ず「ポイ捨て」がいかに恥ずべき行為かが分かる事でしょうね(^。^)

環境問題と言うとあまりに幅が広すぎるし、
地球環境なんて問題は大きすぎて
何となく別世界の話に聞こえがちですけれど
あきらかに、異常気象、温暖化と、身近な環境が変化してます。

まず、「勇気を持って自発的に奉仕する事を喜ぶ」
この心を持って日々の生活を楽しみましょうよ。

最後に私が最近思う事があります。

「環境の変化は心境の変化から」はじめましょう♪
という事ですネ (*^^)v

長々、お付き合いありがとうございます m(__)m

また次回よろしく (^.^)/~~~





[ 2009/08/02 13:30 ] 日記 | TB(0) | CM(4)

なるほど・・・!

まずは身の回りのちょっとしたことから始めることですかね

ちょっとゴミ拾うくらい誰にでもできますもんね
[ 2009/08/04 10:00 ] [ 編集 ]

よっちゃんさんへ

コメントありがとうございます♪
ほんの少しの勇気でしょうかねぇ、
ゴミを拾う行為、それを見てる子供達、
いつかプラスの連鎖が生まれてほしいですね♪
[ 2009/08/04 23:38 ] [ 編集 ]

さわやか!

ちょっとしたいいことをすると、気分がさわやかになるもんね
[ 2009/08/05 07:53 ] [ 編集 ]

おひめさんへ

コメントありがとうございます♪
そうですね☆
それがたとえ自己満足でも気分がいいほうが
ポジティブになりますネ♪
[ 2009/08/05 21:59 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://npossc1212.blog58.fc2.com/tb.php/24-cb31d241