空中ガーデン(その1)

もしも東京上空からの眺めが道路以外は「森」だったらニコリ
そんな想像しながら埼玉県は川口市に行ってきました。

川口市安行は全国屈指の植木生産地で、380年以上の
歴史があり、その長年の技術で東京をはじめ全国に緑を
供給してまいりました。

けれど、昔と違ってコンクリートやアスファルトだらけの今、なかなか植物を
土に植える場所が少なくなって、だんだん植木屋さんや、植木職人の方々が
元気を失いかけてたんですけどね絵文字名を入力してください

そんな植木屋さん達を元気にしようと、屋上やベランダ、エントランスやバルコニーでも
簡単に緑が置ける、「安行四季彩マット」を埼玉県と安行造園さんとで開発、商品化
しましたぐ~

今回はその「安行四季彩マット」と「屋上緑化」の事を「安行造園」さんに
お伺いして聞いてきた事をご報告していきますね(#^.^#)

まずは、下記に詳細をまとめてみました<(_ _)>

「安行四季彩マットとは、埼玉県農林総合研究センター園芸研究所が開発(1998年)し、
安行造園が商品化したもので、
ポリプロピレン製の50センチ四方のヘチマ状マットを基盤材とし、
保水性の高い軽量土壌を使って植栽を行うユニット式植栽マットです。
薄くて、軽いため手軽に持ち運びができ、並べるだけで緑化でき、
その模様替えもすぐにできます。
土のない屋上・バルコニー(ベランダ)などでも緑の空間を演出でき、
庭付きの家にすることができます。
また、エントランスなどわずかなスペースでも緑を楽しめます。
玄関先や室内でしたら、一枚のマットで寄植えを楽しむこともできます。」

以上がパンフに書かれてた内容です(*^_^*)

見た目の感想は、「カップ焼きそば」の中身を想像して下さいませ、
その麺の素材を、ペットボトルを細く糸状にしたような感じで、
高さが3㎝~10㎝で、50㎝の四角形になってます。想像できたかなぁ・・(*_*;
とにかく軽いので、女性でも片手で持ちあげられますよん絵文字名を入力してください
このように☟

マット1

今週の話題はこの「安行四季彩マット」と「安行造園」さんの
お話を少しずつに分けてお伝えしようと思います。

ビルの屋上や家の屋根が芝生や木々や草花でいっぱいだったら、
おうちの中で「桜」や「梅」の花が咲いたり、リビングに柿や桃の木を置いて、熟した「実」を
その場で食べられる・・・なんて事が実際できそうですよ(~_~)

屋上1


次回報告しますねウインク

いつもありがとうございます (^_-)
[ 2009/06/15 14:05 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

こんにちわ!

緑化と自然・・・
いいですね!ここのブログ気に入りました^^
素人なので気になってたのですが、ビルの屋上を緑化すると
建物が水漏れや酸化が早くなるのではと思ってましたが、
こんなに簡単で安全な植樹があるのですね・・・?!

  これからもがんばってください!
  また遊びにきます。

  わたしのブログは少し派手なデザインですが
  人間は至って質素なほう?ですので、こりゃダメだわって
  思わず音楽を楽しみに暇なとき遊びにきてください・・・!  bunta

[ 2009/06/16 08:04 ] [ 編集 ]

bunta52さんへ

コメントありがとうございます。
私も素人で、行く所、聞くことが目からウロコ状態です。
まだまだブログ初心者なので、
ご指導お願いしますね。

聴く音楽は幅が広いので、ゆっくり夜にでもまた
訪問させて頂きます(@^^)/~~~
[ 2009/06/16 11:14 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://npossc1212.blog58.fc2.com/tb.php/13-185a8b88