FC2ブログ










今年も始まった雛のつるし飾り・・・志木市♪


江戸時代、高価な雛人形は買えないけれど
せめて我が子の初節句は祝ってあげたい。

そんな親心から母親と祖母や叔母で古着を
縫い合わせて作られたのがつるし雛。

志木市役所前にある旧村山快哉堂で今年も
つるし雛が飾られていました(^'^)

おくるみ人形は可愛い我が子を大切に包み
愛情豊かに育てていく・・という意味♪



快哉堂でひな祭り2A





快哉堂でひな祭りA



猿っ子は猿を(去る)にかけて病や災いが
(去る)という意味を込めて♪



快哉堂でひな祭り1A





快哉堂でひな祭り7A



毬・手毬は丸々と円満に弾む心豊かな
暮らしへの願いを込める(^'^)



快哉堂でひな祭り5A





快哉堂でひな祭り3A



他にもいろいろな飾りがそれぞれに
意味や願いや想いを持って飾られる
その数1000体(^^)/



快哉堂でひな祭り4A



貧しくてもささやかでも子に愛情をそそぎ
ながら見守る親。

その愛情を疑う事なく受けとめ、すくすく
育つ子供。

ひと針縫うごとに子供の幸せを願っていた
当時の親御さん達が、もしも現代の虐待の
ニュースを見たらどう思うだろうか・・。

1月の末に父親の虐待で亡くなってしまった
栗原心愛ちゃんの事を、つるし雛の由来を
調べている時、ふっ、と思い出しました。

心愛ちゃんに限らず不幸にも命を奪われた
子供達が生まれ変われる事ができるのなら
次は正しい両親と出会えますように。

つるし雛を眺めながらそんな事を願ってる
小太郎でした。


いつもありがとうございます(@^^)/~~~



雛のつるし飾りは3月11日まで開催で
金曜日~月曜日の10時~16時
志木市役所前の旧村山快哉堂です(^'^)



快哉堂でひな祭り6A





[ 2019/02/23 00:02 ] 日記 | TB(-) | CM(2)