やっと消化できました・・裏磐梯最終♪


2012年の11月に山形へ仕事に向かう
途中で立ち寄った福島県の裏磐梯。

その時に聞いた観光客のたった一言が
私を再びここへ導いてくれた理由です。

その事は最後に記しておきました(^^)v

当時迷いに迷って探し回った沼がココ♪


名無し沼2A


この沼の情報は同行した知人が見たという
どこかのブロガーさんの写真と曽原湖の
近くというだけの心細いものでした・・(^▽^;)

地図を見てもそれらしき形は載ってるけど
名前が記されてないんですねぇ・・・(^_^;)

裏磐梯観光協会の窓口で職員さんに聞き
たぶんこれだろうと思われる沼への道を
教えていただき、執念でたどり着いた沼!

だからどこよりもここが1番懐かしくて感慨
深かったのかも・・今回も迷ったし・・(;^ω^)


名無し沼3A



名無し沼5A


モコモコの山を眺めながら走る
レークラインも懐かしかったし
霧の湖や沼にも感動したけど。

私的には地図に名前も記されていない
苦労して探し当てたこの小さな沼が
大のお気に入りです♪


名無し沼A



名無し沼1A


この沼の名前は「大沢沼」だという事を
今回の旅で初めて知りました(^^♪

白鳥がいましたよ~(^_-)-☆


名無し沼白鳥A


そしてこの「大沢沼」から歩いても行ける
隣の沼の名前も「曲沢沼」っていう事が
分かって良かった(^^)/


名無し沼8A


3年前も、レークラインやゴールドラインを
運転しながら目に入る紅や黄色の山々に
「凄いなぁ・・・」って思ったし。

湖に映り込んだ紅葉に「綺麗だなぁ・・」とも
思ったけど、当時はちょっとした違和感を
抱きながら巡り歩いてました。

それは紅葉のピークを少し過ぎてたとは
いえ、まだまだ紅く見応えは充分なのに
観光客があまりに少なかった事・・・。

ある展望台で観光に来ていた隣の女性が
ポツリとつぶやいた一言。

「やっぱり原発の影響かしらねぇ・・」って。

3年前の2012年に訪れたその1年前の
2011年3月11日、突然起こったあの
「東日本大震災」。

同じ福島県だけど海沿いの遠く離れた
原発の風評被害がここ裏磐梯にまで
影響してる事に何とも言えない感情が
心に刺さったのを今でも覚えています。

いちど失った自然は、もう取り戻せない
という現実を、あの原発事故でとことん
身に染み込まされた。

だからこそ裏磐梯の景色と紅葉だけは
必ずこの目でもう一度見ておくべきで。

そうしないと心にチクっと刺さったままの
棘のような感情を消化する事が上手く
できなかったんだと思う。

長距離の運転だったけど、変わらない
紅葉の風景と溢れかえる観光客の
モミジを見上げる笑顔で消化は完了♪

気になってた事のひとつひとつが確認
できて「良かった良かった」と思えた
小太郎の旅路でした(^'^)

懐かしの裏磐梯もこれで終了です♪


いつもありがとうございます(@^^)/~~~

ランキングに参加中~♪
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 関東情報へ


失いたくないこの景色ヽ(^。^)ノ


名無し沼6A
[ 2015/10/29 00:02 ] 日記 | TB(-) | CM(7)