春を知らせる「つるし雛」♪


毎年この催しが始まると春の到来を感じる
志木市役前、快哉堂での「つるし雛」(^'^)


快哉堂A




快哉堂1と2
快哉堂13と9


毎日のように通る道沿いに快哉堂があるせいか
「つるし雛」が始まると嫌でも目に入ります(^_^;)


快哉堂12A


高価なひな人形を一般の家庭ではなかなか
手に入れる事ができなかった江戸時代。


快哉堂5A




快哉堂6A


それでもやっぱりわが子は祝いたいですネ(^'^)

そこでお母さんやおばあちゃんが古布を集め
子供が幸せになりますようにと、ひと針ひと針
縫い糸に願いを込めながら作ったつるし雛♪

ミシンなんて無い手縫いの時代、ひとつの
家庭で100体作っていたそうです(^_^;)

各人形それぞれに意味があるっていう事は
以前ここで載せました(^'^)

今年の快哉堂では20種類、1000体の雛が
飾られていますヨ(^^)/


快哉堂14A




快哉堂7A


快哉堂の「つるし雛」は3月16日までの
(金・土・日・月)だけ開いてます(^^♪

道路の反対側にある志木市役所に車を
停めれば大丈夫・・だと思います・・(^_^;)

もうすぐ3月、またひとつ歳を重ねちゃう
小太郎でした(;^ω^)

いつもありがとうございます(@^^)/~~~

ランキングに参加中~♪
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 関東情報へ


願いや思いを「込める」っていうのは
こういう事なんでしょうね♪


快哉堂8A



快哉堂4A
[ 2015/02/22 00:02 ] 日記 | TB(-) | CM(4)