お別れ

久しぶりに仕事以外でPCを前にしてる小太郎です^_^;

日々の暮らしの中で完全なる「自分の為だけの時間」というものが
どれだけ作れるんだろう。

カレンダーでもなく、テレビやメディアの情報でもなく、
ふとした瞬間に木々の色づきや空気の香りで季節を感じる事が
難しい今日この頃だなぁって思っちゃってます。

時間のやりくりって結構大変ですね(*_*;

そんな中、20年在籍された女性社員が会社を
退職される事になり、送別会を開きました。

営業会社なので、数字を追っかけるのが仕事です。

当然社内はビシっとした空気が漂う雰囲気で、気疲れ
する社員も少なくないんですけどね。

この退職される女性は唯一ホンワカした雰囲気を
漂わせる、俗に言う「癒し系」の方でした。

多分、「辞めちゃうんだなぁ」って思ってる今現在より
「辞めちゃったんだなぁ」って、姿が見えなくなって初めて
その人の存在感の大小が理解できるんだと思う。

この人の存在が無くなった来週からは殺伐とした
社内のムードになるのは容易に想像できます^_^;

人はそれぞれ、そこに居るだけでその場の「雰囲気」に
影響を与えたり空気を変えたりするんですねぇ。

居るだけで、和む、楽しい、明るい人に安心できる人。

逆に、暗い、重い、うっとうしい人も居ますよね・・(^'^)

そして、自分の存在そのものが人にどういう影響を
与えているかは自分自身では分からないという事。

「○○さんが居るとその場が明るくなるねぇ」とか

「○○さんは人を和ませるねぇ」って人に何度か言われて

「あぁ、自分ってそうなんだぁ」って気付くんだと思う。

昔私は「○○さんと居るとなんとなく眠くなるんですよねぇ」
って言われた事がある・・・3人に^_^;

「明るくなる」とか「楽しくなる」っていうのは
ある意味誉め言葉でもあるので良いんですけどね。

「○○さんは人を暗くさせるねぇ」・・なんて面と向かって
言う人はそうそういないだろうし、言われないから
余計気がつかないんじゃないだろうか?

いずれにせよ今回退職される方のように、和ませる同僚や
人を心地よくさせてくれる方とのお別れは寂しいものですネ。

いつか、なんらかの理由で私が職場やその土地を離れる時
関わっていた方々は何を感じ、どぉ思うだろうか??

そんな事を、フっと考えてみました(^'^)

この送別会の時、久しぶりに会ったT君が
釣りに行った時に出会った生まれたての
捨て猫のお話を次回は載せようと思ってます(*^^)v

頑張って更新できるよう時間のやりくりに
励みますね~♪

それではまた次回まで
いつもありがとうございます(^.^)/~~~
[ 2010/10/31 16:53 ] 未分類 | TB(0) | CM(8)